/

東証後場寄り 2万0500円台に下げ幅縮小 アジア株底堅く買い戻し

6日後場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は下げ幅を縮小し、前日比200円程度安い2万0500円台前半で推移している。午前のアジア各国・地域の株式相場が底堅さをみせ、一部の海外投資家が株価指数先物を買い戻しているようだ。日銀が指数連動型上場投資信託(ETF)を買い入れるとの見方があり、下値が堅いとみた投資家が買いを入れた面もある。

市場では年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)による買い観測が浮上している。ただ、三菱UFJモルガン・スタンレー証券の藤戸則弘チーフ投資ストラテジストは「過去の動きを見ると、GPIFが買いを入れるとしたら東証株価指数(TOPIX)のPER(株価収益率)が13倍を下回ってからだろう」とみていた。直近のPERは13倍台前半だ。

前引け後の東証の立会外で、国内外の大口投資家が複数の銘柄をまとめて売買する「バスケット取引」は約420億円成立した。

12時45分現在の東証1部の売買代金は概算で1兆4572億円。売買高は8億5405万株だった。

トヨタホンダが安い。クボタ日立建機が下げている。一方、安川電が上げに転じた。武田や第一三共野村千葉銀が高い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン