/

東証後場寄り 一時2万1000円割れ アジア株安を嫌気

26日の後場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は下げ幅を一時300円近くに広げ、心理的な節目の2万1000円を割り込んだ。2万1000円割れは取引時間中で3月29日以来。上海や香港などアジアの株式相場がほぼ全面安となり、投資家心理が悪化した。中国関連株を中心に売り圧力が一段と強まった。

26日午前の東証株価指数(TOPIX)は前日比0.16%下落した。市場では「TOPIXの下落幅が小さいこともあり、日銀による上場投資信託(ETF)の買いが入っていないようだ」(国内証券の株式ストラテジスト)との声が聞かれた。日銀のETF買いが見送られたとの見方から海外のヘッジファンドが株価指数先物に仕掛け的な売りを出し、日経平均を押し下げた面もあるという。

12時45分現在の東証1部の売買代金は概算で1兆5570億円、売買高は8億5969万株だった。

ファナック安川電コマツ資生堂などの中国関連銘柄が安い。ソフトバンクキヤノンも売られた。半面、ファストリホンダ信越化が高い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン