9/26 16:00更新 マーケット 記事ランキング

時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,220,193億円
  • 東証2部 67,535億円
  • ジャスダック 97,001億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.22倍 --
株価収益率19.65倍24.95倍
株式益回り5.08%4.00%
配当利回り1.92% 1.70%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,204.62 +116.80
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
23,030 +110

[PR]

国内株概況

東証後場寄り 下げ幅縮小 日銀のETF買いの思惑

2020/8/5 13:01
保存
共有
印刷
その他

5日後場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は下げ幅を縮小している。前日比30円ほど安い2万2500円台半ばで推移している。朝方から利益確定売りが続いていたが、日銀の株価指数連動型上場投資信託(ETF)買いへの思惑から日経平均先物に買いが入った。

前引け後の東証の立会外で、国内外の大口投資家が複数の銘柄をまとめて売買する「バスケット取引」は約367億円成立した。

12時45分現在の東証1部の売買代金は概算で1兆1857億円、売買高は6億6614万株だった。

ソニーは後場に下げ幅拡大。SUBARU三菱重ANAHDも引き続き安い。半面、郵船は後場に上げに転じた。日本製鉄帝人任天堂も高い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム