時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,587,207億円
  • 東証2部 78,334億円
  • ジャスダック 101,681億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.26倍 --
株価収益率15.30倍16.21倍
株式益回り6.53%6.16%
配当利回り1.87% 1.88%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,827.18 +31.74
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
23,800 +50

[PR]

国内株概況

東証後場寄り 堅調 海外勢の買い戻しには一服感も

2019/9/5 12:58
保存
共有
印刷
その他

5日後場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は堅調に推移している。後場寄り付き後にここまでの高値、2万1163円を付ける場面があった。その後、前日比480円程度高い2万1100円台前半で推移している。米中両国が閣僚級の貿易協議を10月に再開するとの報道を受け、株価指数先物を売り建てていた海外投資家による買い戻しが入った。午後になって買い戻しには一服感が出ているとの指摘がある。

前引け後の東証の立会外で、国内外の大口投資家が複数の銘柄をまとめて売買する「バスケット取引」は約413億円成立した。12時45分現在の東証1部の売買代金は概算で1兆3637億円、売買高は7億4242万株だった。

信越化三菱電が一段高となり、野村が強含み。東邦鉛が高い。半面、NTT住友大阪が軟調。ソニーFHが安い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム