2019年8月19日(月)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,677,707億円
  • 東証2部 68,009億円
  • ジャスダック 85,712億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.10倍 --
株価収益率13.21倍13.04倍
株式益回り7.56%7.66%
配当利回り2.16% 2.17%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 20,563.16 +144.35
日経平均先物(円)
大取,19/09月 ※
20,560 +170

[PR]

国内株概況

東証後場寄り 堅調、アジア株高が支え 内需株は売り優勢

2019/8/14 12:58
保存
共有
印刷
その他

14日後場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は堅調。前日比150円ほど高い2万0600円近辺で推移している。日本時間午前11時ごろに発表された中国経済統計は市場予想を下回ったが、上海などアジア各国・地域の株価指数は総じて堅調に推移しており、相場を下支えしている。一方、不動産や鉄道などの内需株は引き続き軟調で相場の重荷となっている。

前引け後の東証の立会外で、国内外の大口投資家が複数の銘柄をまとめて売買する「バスケット取引」は659億円成立した。12時45分現在の東証1部の売買代金は概算で1兆244億円、売買高は5億8219万株だった。

ソフトバンクグループ(SBG)やファストリユニファミマが高い。太陽誘電スクリンも堅調。半面、朝方に年初来高値を付けたアドテストが下げ幅を拡大した。菱地所東建物住友不が安い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

記事の理解に役立つランキングやデータはこちら

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。