2018年5月21日(月)

5/21 22:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 上げ相場に潜む伏兵 車などに環境規制のハードル[有料会員限定]
  2. 2位: 東証大引け 続伸、3カ月半ぶり2万3000円台 売買代金は低水準
  3. 3位: 2017年度の増収率1位は任天堂 増益率上位にソニーなど[有料会員限定]
  4. 4位: 武田の7兆円買収、日米の投資銀6社が集結[有料会員限定]
  5. 5位: 物言う株主、三井住友銀の親密企業に照準 潜在力を評価[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,823,115億円
  • 東証2部 99,303億円
  • ジャスダック 113,945億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.38倍 --
株価収益率15.18倍15.63倍
株式益回り6.58%6.39%
配当利回り1.57% 1.60%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,002.37 +72.01
日経平均先物(円)
大取,18/06月 ※
23,010 +80

[PR]

国内株概況

東証後場寄り 2万1000円下回る 昨年10月以来、円高を嫌気

2018/2/14 13:07
保存
共有
印刷
その他

 14日午後の東京株式市場で日経平均株価は下げ幅を拡大した。心理的な節目である2万1000円を下回り、前日比261円安の2万0982円まで下落した。2万1000円割れは昨年10月13日以来約4カ月ぶり。東京外国為替市場で円相場が一時、1ドル=106円台に上昇した。円高による輸出関連企業の採算悪化懸念が強まり、自動車株などが下げ幅を拡大している。

 トヨタパナソニックが売られている。市場では「直近は主要な大型株で構成する東証株価指数(TOPIX)コア30の下落が目立ち、海外投資家が現物株にまとまった利益確定売りを出している可能性がある」(岡三証券の小川佳紀・日本株式戦略グループ長)との声があった。

 JPX日経インデックス400とTOPIXも下げ幅を拡大した。前引け後の東証の立会外で、国内外の大口投資家が複数の銘柄をまとめて売買する「バスケット取引」は約334億円成立した。

 12時45分現在の東証1部の売買代金は概算で1兆7307億円、売買高は9億7443万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1574、値上がりは439、変わらずは52銘柄だった。

 トヨタやマツダが下げ幅を拡大した。日東電富士フイルム京セラも売られた。一方、住友鉱東エレクは買いが続いている。資生堂東レも高い。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム