時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,041,427億円
  • 東証2部 65,695億円
  • ジャスダック 96,710億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.18倍 --
株価収益率19.20倍24.43倍
株式益回り5.20%4.09%
配当利回り2.00% 1.77%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,977.13 -354.81
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
22,880 -440

[PR]

国内株概況

東証後場寄り 上昇一服 高値警戒感も

2020/9/14 12:58
保存
共有
印刷
その他

14日後場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は上昇一服し、前週末比150円程度高の2万3500円台後半で推移している。引き続きソフトバンクグループ株が相場全体を押し上げている。前場に一時2万3582円と、3日に付けた直近高値(2万3580円)を超え、取引時間中としては2月21日以来の水準となったこともあり、高値警戒感が働きやすくなっている。

前引け後の東証の立会外で、国内外の大口投資家が複数の銘柄をまとめて売買する「バスケット取引」は約256億円成立した。

12時45分現在の東証1部の売買代金は概算で1兆2060億円、売買高は6億4133万株だった。

洋缶HDDICが上昇している。電通Gも高い。一方、日清粉GヤマトHDが下げている。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム