2018年10月17日(水)

10/17 8:00更新 マーケット 記事ランキング

時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,351,535億円
  • 東証2部 88,788億円
  • ジャスダック 99,330億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.27倍 --
株価収益率14.09倍14.31倍
株式益回り7.09%6.98%
配当利回り1.74% 1.80%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,549.24 +277.94
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
22,420 +230

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

スペシャルトーク[映像あり]

みずほ証券 三浦 豊

10月16日(火)14:19

9月の訪日客 5年8ヵ月ぶりに減少[映像あり]

世界の海外直接投資が前年比4割減 18年上期

10月16日(火)13:05

[PR]

国内株概況

東証後場寄り 上値重い、持ち高調整売り トヨタが一段安

2018/2/13 13:05
保存
共有
印刷
その他

13日後場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は上値の重い展開となっている。前週末比150円程度高い2万1500円台前半で推移している。新たな取引材料が乏しい中で、持ち高調整売りや戻り待ちの売りが出ている。JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)も上げ幅を縮小した。

前週に株式相場が乱高下した影響で損失を被った短期志向の投資家が多く、売買を手控えている影響が出ている。株式市場では「株価指数先物の商いが細っているため、積極的に持ち高を増やそうとする投資家が減っている」(外資系証券トレーダー)との見方が出ていた。少額の売買で値が動きやすくなっているという。

前引け後の東証の立会外で、国内外の大口投資家が複数の銘柄をまとめて売買する「バスケット取引」は約293億円成立した。12時45分現在の東証1部の売買代金は概算で1兆8840億円、売買高は10億2222万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は1295で値下がりは687、変わらずは82銘柄だった。

ソフトバンクが一段高となった。スズキマツダが上げ幅を拡大している。一方、トヨタ三井物は下げ幅を拡大した。三菱UFJなど金融株も売られている。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム