5/26 10:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 三陽商会きょう総会 バーバリー後5年、再生策どう判断[有料会員限定]
  2. 2位: 神戸製鋼所、高シェアでも「金のならない木」の悩み[有料会員限定]
  3. 3位: 不確かな未来と向き合う コロナに揺らがぬ投資術[有料会員限定]
  4. 4位: 「逆転」が示す新秩序 息吹き返す個別株投資[有料会員限定]
  5. 5位: 「コロナ、株主第一主義に変化」日本取引所の清田CEO[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,742,684億円
  • 東証2部 63,131億円
  • ジャスダック 89,827億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.13倍 --
株価収益率17.07倍25.93倍
株式益回り5.85%3.85%
配当利回り2.12% 1.31%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,150.08 +408.43
日経平均先物(円)
大取,20/06月 ※
21,100 +280

[PR]

国内株概況

東証後場寄り 上げに転じる 日銀ETF買いの思惑で

2020/4/2 13:00
保存
共有
印刷
その他

2日後場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は上げに転じる場面があった。前日終値の1万8065円近辺で推移している。午前の相場下落を受け、日銀が上場投資信託(ETF)買い入れを実施するとの観測で買い戻しを誘っている。日本時間2日午後のシカゴ市場で米株価指数先物が堅調に推移し、買いにつながった面もある。

日銀が1日に上場投資信託(ETF)の購入額を1202億円と、前回の2004億円から減らしていた。需給面で不安視する声がある半面、「株価変動率の高止まりで先物を中心に流動性が乏しいため、日銀がETF買いを実施するだけで相場に与えるインパクトは大きい」(国内証券のストラテジスト)との見方も出ていた。

前引け後の東証の立会外で、国内外の大口投資家が複数の銘柄をまとめて売買する「バスケット取引」は約203億円成立した。12時45分現在の東証1部の売買代金は概算で1兆2836億円、売買高は8億1267万株だった。

ソフトバンクグループファナックKDDIが上昇。SMCソニーキーエンスも上げている。一方、オリックスいすゞ日産自が下落。ホンダ丸紅三菱重が下げている。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム