/

東証後場寄り 一時上げに転じる 上海株下げ渋りで

31日の後場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は小幅ながら一時、上げに転じた。2万2800円台後半で推移している。中国・上海株式相場の下げ渋りが投資家心理をやや明るくした。日本株の割安感に着目した海外ヘッジファンドなどが株価指数先物に買いを入れ、日経平均を押し上げた。

相場の2倍動く「日経レバ」など上場投資信託(ETF)の売買代金が増えており「個人投資家の押し目買い意欲が強いことも相場の支えとなっている」(東海東京調査センターの鈴木誠一チーフエクイティマーケットアナリスト)という。

12時45分現在の東証1部の売買代金は概算で1兆598億円、売買高は6億4170万株だった。

TDKが上げ幅を拡大。ソフトバンクファストリも高い。一方、ファナック東エレクヤマハは安い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン