2019年6月20日(木)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,928,917億円
  • 東証2部 70,712億円
  • ジャスダック 86,600億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.15倍 --
株価収益率13.90倍13.46倍
株式益回り7.19%7.42%
配当利回り2.07% 2.08%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,469.05 +135.18
日経平均先物(円)
大取,19/09月 ※
21,380 +110

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

#20「花王が初のESG戦略 『容器革命』欧米でも標準化狙う」[映像あり]

6月20日(木)13:20

トップに聞く[映像あり]

日本郵政 社長 長門 正貢

6月20日(木)09:50

[PR]

国内株概況

東証後場寄り 上昇に転じる 上海株高を好感、日銀ETF買い観測も

2019/5/21 12:56
保存
共有
印刷
その他

21日後場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は一時上昇に転じた。前日の終値(2万1301円)近辺で推移している。日本時間の昼休み中に中国・上海株式相場が上げ幅を広げ、投資家心理がやや改善した。海外ヘッジファンドなどによる株価指数先物への売りの勢いが弱まったのも上げ幅拡大に寄与した。

日銀による指数連動型上場投資信託(ETF)の買い入れ観測が浮上していることも相場の支えとなっているようだ。東証株価指数(TOPIX)の午前の終値は前日比0.55%安だった。

前引け後の東証の立会外で、国内外の大口投資家が複数の銘柄をまとめて売買する「バスケット取引」は約80億円成立した。

12時45分現在の東証1部の売買代金は概算で1兆3498億円、売買高は7億4137万株だった。

安川電日立建機が高い。スズキがしっかり。半面、ソニーが下げている。ダイキン富士電機が安い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム