/

東証後場寄り、高値圏で推移 アジア株高でリスクオン

1日後場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は高値圏で推移している。前日比350円高の2万6700円台後半で推移している。上海総合指数などアジア株が軒並み上昇しており、リスクを積極的に取りに行く姿勢が強まっている。一時、400円超高となる場面もあった。

前引け後の東証の立会外で、国内外の大口投資家が複数の銘柄をまとめて売買する「バスケット取引」は約450億円成立した。

12時45分現在の東証1部の売買代金は概算で1兆5161億円、売買高は7億3101万株だった。

NTNアルプスアルが高い。アサヒ味の素も上げている。一方、楽天ソフトバンクが下げている。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン