時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,969,971億円
  • 東証2部 67,785億円
  • ジャスダック 91,377億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.19倍 --
株価収益率18.80倍20.32倍
株式益回り5.31%4.91%
配当利回り2.08% 1.74%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,587.01 -197.73
日経平均先物(円)
大取,20/09月 ※
22,570 -140

[PR]

国内株概況

東証後場寄り 軟調、下げ幅100円超え 日銀ETF買い見送り観測で

2020/7/1 12:55
保存
共有
印刷
その他

1日後場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は軟調。下げ幅は一時100円を超えた。前日比50円程度安い2万2200円台前半で推移している。前場の東証株価指数(TOPIX)の下落率が0.45%にとどまり、日銀の上場投資信託(ETF)買いがないとの見方が売りを促している。

野村証券の沢田麻希・エクイティ・マーケット・ストラテジストは「商いも盛り上がりに欠き、短期投資家の売買に振らされる状況が続いている」と話す。日本時間1日のダウ工業株30種平均の先物も引き続き下げ、日本株相場を下押ししている。

JPX日経インデックス400とTOPIXも下げ幅を広げている。前引け後の東証の立会外で、国内外の大口投資家が複数の銘柄をまとめて売買する「バスケット取引」は約541億円成立した。

12時45分現在の東証1部の売買代金は概算で1兆111億円、売買高は6億498万株だった。

トヨタ任天堂ファストリ三菱UFJが安い。レーザーテクソフトバンクグループ東エレクアドテストは値上がりしている。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

記事の理解に役立つランキングやデータはこちら

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム