/

東証後場寄り 上げ幅やや拡大、買い戻し優勢に

30日後場寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は小幅ではあるが上げ幅を拡大している。前引けの水準より30円超高い水準まで上昇し、前日比270円程度高い2万0700円台前半で推移している。新規の買い材料は特段伝わっていないとの見方が多いが、日経平均がそれまでの高値圏で午前を終えたことや米株価指数先物の上昇もあり「週末を前に断続的に売り持ち高を解消する動きが出ている」(三菱UFJモルガン・スタンレー証券の三浦誠一・投資ストラテジスト)ようだ。

JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)も午後に入り上げ幅を広げている。

前引け後の東証の立会外で、国内外の大口投資家が複数の銘柄をまとめて売買する「バスケット取引」は約410億円成立した。12時45分現在の東証1部の売買代金は概算で9117億円、売買高は5億5433万株だった。

ソフトバンクグループ(SBG)やキーエンス村田製がそろって午前の高値を上回った。野村やJXTGも堅調だ。半面、セブン&アイユニファミマ小野薬が軟調。大手不動産のなかでは住友不の下げ幅が拡大。スズキ資生堂も引き続き安い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン