時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,156,385億円
  • 東証2部 68,351億円
  • ジャスダック 89,987億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.19倍 --
株価収益率14.30倍14.13倍
株式益回り6.98%7.07%
配当利回り2.02% 2.03%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,044.45 +83.74
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
21,870 +70

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「日銀の金融政策を解説」[映像あり]

ソニーフィナンシャルホールディングス 菅野 雅明

9月19日(木)14:09

FOMCを読む[映像あり]

三菱UFJ銀行 鈴木 敏之

9月19日(木)08:30

[PR]

国内株概況

東証後場寄り 堅調 東エレクが上げ幅拡大 商いは低調

2019/8/20 13:12
保存
共有
印刷
その他

20日後場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は前日比100円程度高い2万0600円台後半で堅調に推移している。東エレク京セラが上げ幅を広げるなど米中貿易摩擦への警戒が和らいだとの見方から、半導体関連や電子部品株の一部に海外投資家の買いが続き、相場を支えている。

だが、商いは低調で積極的に相場の上値を追う投資家は少ないとの声も多い。前引け後の東証の立会外で、国内外の大口投資家が複数の銘柄をまとめて売買する「バスケット取引」は約177億円成立。12時45分現在の東証1部の売買代金は概算で8476億円、売買高は5億822万株にとどまっている。

花王菱地所が高い。キーエンスソニーのほか、エーザイや武田も上昇している。一方、ファストリ東レが安い。マツダ富士通住友鉱が下落している。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム