時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,677,707億円
  • 東証2部 68,009億円
  • ジャスダック 85,712億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.10倍 --
株価収益率13.21倍13.04倍
株式益回り7.56%7.66%
配当利回り2.16% 2.17%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 20,525.07 +106.26
日経平均先物(円)
大取,19/09月 ※
20,470 +80

[PR]

国内株概況

東証後場寄り 膠着 「個人も様子見姿勢」の声

2019/7/10 12:59
保存
共有
印刷
その他

10日後場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は前日終値(2万1565円)を挟んだ水準で膠着感を強めている。米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長の議会証言を前に積極的な売買を手控える投資家が多い。市場では「個人投資家も様子見姿勢を強めており、主力株やレバレッジ型の上場投資信託(ETF)の商いが細っている」(松井証券の窪田朋一郎シニアマーケットアナリスト)との声が聞かれた。

前引け後の東証の立会外で、国内外の大口投資家が複数の銘柄をまとめて売買する「バスケット取引」は約254億円成立した。12時45分現在の東証1部の売買代金は概算で9373億円、売買高は5億7908万株だった。

楽天ソフトバンクグループ(SBG)が下落している。日立日電産信越化が安い。一方、ファストリソニーは上昇。アサヒNTT塩野義が高い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム