2019年7月23日(火)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,944,796億円
  • 東証2部 70,664億円
  • ジャスダック 88,344億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.15倍 --
株価収益率13.92倍13.48倍
株式益回り7.18%7.41%
配当利回り2.07% 2.08%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,416.79 -50.20
日経平均先物(円)
大取,19/09月 ※
21,360 -20

[PR]

国内株概況

東証後場寄り 高値圏で膠着 日銀の政策維持に反応薄

2019/6/20 13:03
保存
共有
印刷
その他

20日後場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は前日比140円程度高い2万1400円台後半と、この日の高値圏で膠着感を強めている。日銀は20日まで開いた金融政策決定会合で大規模緩和策の維持を決めた。政策の現状維持は市場予想に沿った結果だったため、持ち高を一方向に傾ける動きは限られている。結果発表直後に円が対ドルで強含み、株価指数先物の上値が重くなる場面があったものの、次第に円高が一服し、先物への売りも限定的となっている。

前引け後の東証の立会外で、国内外の大口投資家が複数の銘柄をまとめて売買する「バスケット取引」は約239億円成立した。12時45分現在の東証1部の売買代金は概算で9614億円、売買高は5億6239万株だった。

任天堂ソフトバンクGシスメックスが上昇。テルモユニチャームソニーも高い。一方、イオン村田製三菱商が下落。日本新薬豊田織も安い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。