時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,609,502億円
  • 東証2部 78,725億円
  • ジャスダック 102,004億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.26倍 --
株価収益率15.35倍16.23倍
株式益回り6.51%6.15%
配当利回り1.87% 1.87%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 24,041.26 +108.13
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
24,030 +90

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

1月17日(金)14:20

SBIと筑邦銀が資本業務提携 「地銀連合構想」第3弾[映像あり]

中国 19年は6.1%成長に減速 29年ぶり低水準

1月17日(金)13:00

[PR]

国内株概況

東証後場寄り 前日終値近辺で一進一退 任天堂とソニーは高い

2019/12/10 13:00
保存
共有
印刷
その他

10日後場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は前日終値近辺で一進一退の動き。2万3400円台前半で推移している。朝安後、先高期待を背景にした押し目買いで持ち直したが、11日の米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表など重要イベントを見極めたいとの姿勢は引き続き強く、積極的に持ち高を傾ける動きはみられない。

前引け後の東証の立会外で、国内外の大口投資家が複数の銘柄をまとめて売買する「バスケット取引」は約1273億円成立した。

12時45分現在の東証1部の売買代金は概算で9659億円、売買高は6億285万株だった。

第一三共中外薬が上昇。任天堂ソニーが引き続き、売買を伴って堅調に推移している。カシオアドテストが高い。一方、サイバーディーエヌエが軟調。東エレクスクリンが下落し、東電HD関西電東ガスが安い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム