時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,522,844億円
  • 東証2部 75,072億円
  • ジャスダック 98,536億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.25倍 --
株価収益率15.17倍15.93倍
株式益回り6.59%6.27%
配当利回り1.89% 1.89%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,354.40 +54.31
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
23,420 +110

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

12月6日(金)14:20

パナソニックが中国に家電工場 16年ぶりに新設[映像あり]

バイオジェン エーザイと開発の新薬「認知低下を抑制」

12月6日(金)13:00

[PR]

国内株概況

東証後場寄り 安値圏で推移、アジア株安で 日銀ETF観測は支え

2019/11/20 13:01
保存
共有
印刷
その他

20日後場寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比170円程度安い2万3120円近辺と、きょうこれまでの安値圏で推移している。香港ハンセン指数が下落するなどアジアの株式相場が総じて弱含んでおり、投資家のリスク選好姿勢が後退している。「米上院が香港人権法案を可決したことに伴う米中対立への懸念が、20日の米株式相場の売り圧力を強める」(国内証券のストラテジスト)との警戒感もある。

もっとも下値を探る動きは広がっていない。東証株価指数(TOPIX)は前日比0.64%安で午前を終えた。日銀が上場投資信託(ETF)買い入れに動くとの観測が浮上し、相場を支えている。

前引け後の東証の立会外で、国内外の大口投資家が複数の銘柄をまとめて売買する「バスケット取引」は約236億円成立した。12時45分現在の東証1部の売買代金は概算で1兆1687億円、売買高は7億8325万株だった。

東エレクキヤノン三菱UFJが下げ幅を拡大。アドテスト信越化マツダが下落している。半面、ユニチャームセブン&アイキリンHDは上昇している。サイバーコスモス薬品ウエルシアも上げている。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム