5/27 3:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: コロナ下、進む銘柄選別 「DX・医療・巣ごもり」上昇[有料会員限定]
  2. 2位: NY証取、立会場を2カ月ぶり再開 ダウは一時600ドル高
  3. 3位: 逆風下でも最高益133社 1~3月、デジタル関連好調[有料会員限定]
  4. 4位: 「解除相場」の主役は短期マネー 目立つ売り方の買い戻し[有料会員限定]
  5. 5位: 私鉄大手、11社が最終赤字 14社1~3月 ホテル事業も不振
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,862,686億円
  • 東証2部 64,100億円
  • ジャスダック 89,877億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.16倍 --
株価収益率17.43倍23.68倍
株式益回り5.73%4.22%
配当利回り2.09% 1.31%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,271.17 +529.52
日経平均先物(円)
大取,20/06月 ※
21,280 +460

[PR]

国内株概況

東証後場寄り 再び上げに転じる、日銀ETF買い観測で

2020/4/10 13:01
保存
共有
印刷
その他

10日後場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は再び上げに転じた。前日比50円程度高い1万9400円近辺で推移している。前場の東証株価指数(TOPIX)は前日比0.53%安で終えた。午前の相場下落を受け、日銀が上場投資信託(ETF)買い入れを実施するとの観測があり、株価指数先物に買いが入っている。もっとも取引参加者は少なく、一本調子に上昇する展開にはなっていない。

JPX日経インデックス400とTOPIXも上昇に転じた。

前引け後の東証の立会外で、国内外の大口投資家が複数の銘柄をまとめて売買する「バスケット取引」は約157億円成立した。12時45分現在の東証1部の売買代金は概算で1兆1730億円、売買高は7億3193万株だった。

三菱UFJ三井住友FGみずほFGなど銀行株が堅調。スズキ中部電任天堂が上げている。半面、SUMCO日立国際石開帝石は下落。スクリンやエプソン、東エレクも下げている。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム