2019年2月20日(水)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,143,272億円
  • 東証2部 75,602億円
  • ジャスダック 89,765億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.22倍 --
株価収益率13.48倍13.88倍
株式益回り7.41%7.20%
配当利回り1.87% 1.96%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,302.65 +20.80
日経平均先物(円)
大取,19/03月 ※
21,300 ±0

[PR]

国内株概況

東証後場寄り じり安、米株先物軟調で トヨタが下げに転じる

2018/6/18 13:00
保存
共有
印刷
その他

18日後場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価はじり安となった。下げ幅を250円ほどに広げ、2万2600円程度まで水準を切り下げた。シカゴ市場の時間外取引で米株価指数先物が軟調に推移し、投資家心理が悪化。利益確定目的で日本株を売る動きが勢いづいた。

前引け後の東証の立会外で、国内外の大口投資家が複数の銘柄をまとめて売買する「バスケット取引」は約300億円成立した。12時45分現在の東証1部の売買代金は概算で1兆2590億円、売買高は8億2101万株だった。

東エレクが後場入り後に一段安となり、信越化も下げ幅を拡大した。任天堂が安く、トヨタが下げに転じた。一方、ファストリユニファミマは上昇している。村田製も勢いを保ち、JTが小じっかり。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム