11/24 9:00更新 マーケット 記事ランキング

時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,566,629億円
  • 東証2部 68,473億円
  • ジャスダック 98,749億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.27倍 --
株価収益率20.93倍26.49倍
株式益回り4.77%3.77%
配当利回り1.89% 1.68%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 26,145.80 +618.43
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
26,000 +460

[PR]

国内株概況

東証前引け 反発、米株高を好感 一時上げ幅300円に迫る 東宝が大幅高

2020/10/19 11:51
保存
共有
印刷
その他

19日午前の東京株式市場で日経平均株価は反発し、前週末比261円97銭(1.12%)高の2万3672円60銭で前場を終えた。前週末の米ダウ工業株30種平均が米経済の底堅さを評価した買いで4営業日ぶりに反発し、日本株の買い戻しを誘った。主力の値がさ株を中心に幅広い銘柄が買われた。半面、中国経済の回復ペースの鈍化が意識されたことは上値を抑えた。商いも低調だった。

日経平均は上げ幅を一時300円近くに広げた。停滞している米追加経済対策を巡る協議の期限設定が伝わり、協議が前進するとの思惑的な買いが株価指数先物に入り、現物株を押し上げた。ただ、早期の合意に慎重な見方も依然として根強く、短期筋の買い一巡後は伸び悩んだ。11時に相次いで発表された中国の主要統計は7~9月期の国内総生産(GDP)などの伸び率が市場予想を下回り、中国経済の力強い回復期待がやや後退した。

JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)は反発した。前引け時点の東証1部の売買代金は概算で8373億円、売買高は4億2995万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は1814と、全体の約8割を占めた。値下がりは300、変わらずは59銘柄だった。

ソフトバンクグループ(SBG)やファナックソニー信越化が上昇した。東宝は一時、7%高となった。16日公開の映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」が、「天気の子」以来の大ヒット作になるという期待感が広がるなか、業績への貢献を見込んだ買いが集まった。

一方、ファストリKDDIコナミHDが下落した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム