/

東証前引け 反落 商い薄く方向感乏しい 円高が重荷

18日午前の東京株式市場で日経平均株価は小幅に反落した。前日比56円05銭(0.27%)安の2万1067円95銭で終えた。中国の大手がスマートフォンを減産すると伝わり、海外ヘッジファンドなどが株価指数先物に売りを出した。米連邦公開市場委員会(FOMC)など重要なイベントを控え売買を見送る投資家が多い。

前場の中ごろにトランプ米大統領がツイッターで「米移民税関捜査局(ICE)が来週にも不法移民の送還を始める」と述べた。これをきっかけにリスク回避ムードが強まり、外国為替市場で円が対ドルで上昇し、株式相場の重荷になった面もある。

JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)は小幅に下落した。

前引け時点の東証1部の売買代金は概算で7893億円と低調。売買高は4億6019万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1320、値上がりは716、変わらずは107だった。

前日に独社を買収すると発表した東海カが下げた。ソフトバンクグループ(SBG)とファストリが下落。太陽誘電ソニーが安い。一方、リクルートが上昇した。トヨタホンダも上げた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン