時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,463,164億円
  • 東証2部 71,709億円
  • ジャスダック 95,759億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.24倍 --
株価収益率15.03倍15.74倍
株式益回り6.65%6.34%
配当利回り1.91% 1.91%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,292.65 -124.11
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
23,290 -110

[PR]

国内株概況

東証前引け 反発 中国GDP最低で景気対策期待

2019/10/18 11:55
保存
共有
印刷
その他

18日午前の東京株式市場で日経平均株価は反発した。前日比125円10銭(0.56%)高の2万2576円96銭で前場を終えた。中国の7~9月の実質国内総生産(GDP)成長率が過去最低を更新し、中国政府が景気対策を強化するとの期待が膨らんだ。上げ幅は一時200円に迫り、取引時間中として昨年12月3日以来の高値を付ける場面があった。

英国の欧州連合(EU)離脱問題への懸念がやや後退し、企業業績の底入れ期待から海外勢の買いが続いた。半導体受託生産(ファウンドリー)大手の台湾積体電路製造(TSMC)が17日、設備投資計画を上方修正し、スクリンなど一部の半導体製造装置関連に買いが集まった。

JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)は上昇した。業種別では鉄鋼や機械、石油石炭製品が上昇。食料品や情報・通信業が下落した。前引け時点の東証1部の売買代金は概算で9135億円、売買高は5億1113万株だった。

東証1部の値上がり銘柄数は1300と、全体の約6割を占めた。値下がりは716、変わらずは136だった。

スクリンやSUMCOトクヤマが上昇。大平金AGCが高い。ファストリファナックも堅調だった。一方、トヨタホンダが下落し、アサヒキリンHD日ハムが軟調。NECパナソニックが安い。

きょう東証2部に上場したワシントンHは公開価格を152円(11.6%)上回る1462円で初値を付け、1638円で午前の取引を終えた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム