時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,522,844億円
  • 東証2部 75,072億円
  • ジャスダック 98,536億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.25倍 --
株価収益率15.17倍15.93倍
株式益回り6.59%6.27%
配当利回り1.89% 1.89%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,354.40 +54.31
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
23,420 +110

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

12月6日(金)14:20

パナソニックが中国に家電工場 16年ぶりに新設[映像あり]

バイオジェン エーザイと開発の新薬「認知低下を抑制」

12月6日(金)13:00

[PR]

国内株概況

東証前引け 小反落 米中協議の不透明感で、押し目買いが支え

2019/11/7 11:47
保存
共有
印刷
その他

7日午前の東京株式市場で日経平均株価は小幅に反落し、前引けは前日比8円86銭(0.04%)安の2万3294円96銭だった。米中首脳による貿易協議の部分合意署名が12月に遅れる可能性があると伝わり、米中貿易協議の先行き不透明感が意識された。円相場の上昇が重荷になったほか、前日まで連日で年初来高値を更新していたため利益確定売りも出た。もっとも業績の底入れや改善が確認できた銘柄には積極的な買いも入り、日経平均の下げ幅は限られた。

主要企業による2019年4~9月期の決算発表が本格化する中、個別物色が中心だった。19年7~9月期の連結最終損益が巨額の赤字だったソフトバンクGは売りが先行したものの、個人投資家などの押し目買いで下げ渋り、投資家心理を下支えしたとの声が聞かれた。日経平均の午前の値幅(高値と安値の差)は70円程度と、小幅な値動きだった。JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)はそれぞれ上昇した。

前引け時点の東証1部の売買代金は概算で1兆1226億円、売買高は6億1702万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1244、値上がりは807、変わらずは101だった。

20年3月期の連結純利益を下方修正した三菱自が大幅安。ディーエヌエ東海カSUMCOが大きく下げた。ダイキンコナミHDも下落した。一方、19年4~9月期の連結最終損益が黒字転換したオリンパスが急伸。GSユアサやDOWAパンパシHDも大幅高だった。大日本住友大塚HDが上昇した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム