時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,063,386億円
  • 東証2部 54,055億円
  • ジャスダック 71,682億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 0.96倍 --
株価収益率12.05倍13.24倍
株式益回り8.29%7.54%
配当利回り2.53% 2.53%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 18,016.88 +196.69
日経平均先物(円)
大取,20/06月 ※
17,800 +120

[PR]

国内株概況

東証前引け 反発 先物買いが支え 売買低調

2019/12/26 11:54
保存
共有
印刷
その他

26日午前の東京株式市場で日経平均株価は反発した。前日比102円94銭(0.43%)高の2万3885円81銭で前場を終えた。前日がクリスマスで主要な海外市場は休場となり手掛かりが乏しく、現物株の売買は低調だった。企業業績が回復に向かうとの見方に加え、機関投資家による株価指数先物への買いを期待した短期筋の先物買いが、日本株相場の支えとなった。上げ幅は150円に迫る場面があった。

前引け時点の東証1部の売買代金は概算で5951億円、売買高は3億8462万株と、商いは引き続き低調だった。買い一巡後は次第に膠着感が強まった。

JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)も反発した。東証1部の値上がり銘柄数は1294と、全体の約6割を占めた。値下がりは725、変わらずは141銘柄だった。

ファストリファナックソフトバンクグループ(SBG)など値がさ株が堅調。東エレクTDK安川電が高い。半面、KDDI楽天が下落。オリンパスアドテストオークマが安い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム