/

東証前引け、続落 北朝鮮の地震で、中国景況感悪化も重荷

6日午前の東京株式市場で日経平均株価は3日続落し、前日比222円23銭(1.21%)安の1万8151円77銭で前場を終えた。中国景気の先行き不透明感が強かったほか、北朝鮮で地震が発生。核実験の可能性があり、運用リスクの回避を目的とした売りの勢いがじわりと増した。JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)も3日続落した。

北朝鮮で地震が発生したと11時過ぎにQUICK端末などを通じて市場に伝わった。菅義偉官房長官は6日午前の記者会見で「核実験の可能性がある」と指摘。東アジアでの緊張が高まるとして、投資家心理を冷やす要因となった。日経平均先物3月物は12時前に一時、節目の1万8000円を割り込んだ。

中国メディアの財新と英マークイットが10時45分ごろに発表した昨年12月の非製造業購買担当者景気指数(PMI)は、過去2番目に低い水準になった。「好不況を判断する目安である『50』は上回ったものの、先行き懸念が強く残った」(みずほ総合研究所の武内浩二主席エコノミスト)という。

外国為替市場で円相場が1ドル=118円台前半まで円高方向に振れたことも相場の重荷になった。「上海株式市場の取引が始まるタイミングで為替市場でリスク回避の動きが出たため、東京市場での株安につながった」(SBI証券の鈴木英之投資調査部長)という。

前引け時点の東証1部の売買代金は概算で1兆1587億円、売買高は10億1544万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1542と、全体の約8割を占めた。値上がりは279、変わらずは113銘柄だった。

円高を背景に自動車のトヨタ日産自は下落。米アップルが主力商品を減産すると伝わり、TDKアルプスなど関連銘柄が下げた。朝方堅調だった金融の三菱UFJ三井住友FGも下げに転じた。一方、アステラスなど医薬品の一角は上昇。不動産の三井不菱地所が上がり、中国電四国電も上昇した。

東証2部株価指数は3日続落。ラオックスアートSHDが下げ、システムソフJトラストが上げた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン