/

東証前引け 続落 米経済の悪化懸念、日銀ETF買いの期待は支え

16日午前の東京株式市場で日経平均株価は続落した。前日比234円64銭(1.20%)安の1万9315円45銭で終えた。前日の米株式相場が米経済指標の悪化や米銀行の減益決算を受けて大幅に下落し、投資家心理を暗くした。世界的な新型コロナウイルスの感染拡大への懸念も根強く、日経平均の下げ幅は一時400円に迫った。

新型コロナの感染拡大を背景に、15日発表の3月米小売売上高が前月比で過去最大の落ち込みを記録。3月の米鉱工業生産指数も大幅に低下し、新型コロナの米実体経済への悪影響が再確認された。

日経平均は前引けにかけて下げ渋った。後場に日銀が株価指数連動型上場投資信託(ETF)を買い入れるとの期待が支えとなった。足元の株価水準では国内外の機関投資家が売買を手控えており、「個人やヘッジファンドなどの短期売買が中心で、ある程度下げた局面では買いも入りやすい」(三菱UFJモルガン・スタンレー証券の藤戸則弘チーフ投資ストラテジスト)との指摘があった。

前引け時点の東証1部の売買代金は概算で9971億円、売買高は5億9860万株だった。JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)は反落した。東証1部の値下がり銘柄数762、値上がりは1338銘柄、変わらずは67銘柄だった。

シスメックス住友鉱ホンダは安い。三井住友FG三菱重も売られた。半面、ソフトバンクG(SBG)、味の素が逆行高。NTT中部電は買われた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン