4/7 4:00更新 マーケット 記事ランキング

時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,261,809億円
  • 東証2部 55,330億円
  • ジャスダック 73,081億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 0.99倍 --
株価収益率12.52倍13.76倍
株式益回り7.98%7.26%
配当利回り2.44% 2.45%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 18,576.30 +756.11
日経平均先物(円)
大取,20/06月 ※
18,570 +890

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

金融危機は防げるのか [映像あり]

日経CNBCコメンテーター 岡崎 良介

2020年4月6日

小池都知事、緊急事態宣言「様々な準備に入っている」 [映像あり]

UQ,学生の通信費負担を軽減

2020年4月6日

[PR]

国内株概況

東証前引け 大幅反落、一時900円超安 感染者数急増の警戒強く、先物主導で売り

2020/3/26 11:58
保存
共有
印刷
その他

26日午前の東京株式市場で日経平均株価は大幅反落し、前日比743円34銭(3.80%)安の1万8803円29銭で前場を終えた。新型コロナウイルスの感染拡大を受け東京都が週末の外出自粛や平日昼間の自宅勤務を要請しており、先行きの消費動向を警戒した海外勢などの先物売りが主導する展開となった。

日経平均は25日までの3営業日で3000円近く上昇しており、反動が出やすい側面もあった。下げ幅は一時、前日比900円を超えた。

市場では「25日の東京都の会見でも外出の自粛要請にとどまったが、外出が禁止されている諸外国と比べ、日本は政府や国民の危機感が薄い印象。今後は日本でも感染者が急増する可能性がある」(大和証券の石黒英之シニアストラテジスト)との声が出ている。日本の経済対策について、26日付の日本経済新聞朝刊は所得水準などにより現金給付の対象を絞ると報じており、内容が不十分との指摘がある。投資家は買いを入れづらい状況にあるようだ。

一方で、東証株価指数(TOPIX)などが大幅安となったことで、後場には日銀の株価指数連動型上場投資信託(ETF)の買い入れを見込む声は多い。前引けにかけては下げ幅を縮小した。

前引け時点の東証1部の売買代金は概算で1兆3803億円、売買高は8億6572万株だった。JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)も反落した。

東証1部の値下がり銘柄数は1586と、全体の約7割以上を占めた。値上がりは540銘柄、変わらずは42銘柄だった。業種別の東証株価指数はほぼ全面安となった。鉄鋼や海運、不動産などが大きく下落した。電力や食品の一角は上げた。

資源価格安などで大幅な減損損失を計上し、今期最終赤字に転じる見通しを発表した丸紅は一時15%安。格付け会社ムーディーズ・ジャパンによる格下げを受けて同社への格付け依頼を取り下げたソフトバンクグループ(SGB)も一時11%安。値がさ株のファストリも大幅安。日本製鉄住友不OLCも下落している。一方で、ユニチャーム日電産花王などは逆行高となっている。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

記事の理解に役立つランキングやデータはこちら

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム