2019年7月24日(水)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,990,496億円
  • 東証2部 71,133億円
  • ジャスダック 88,877億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.16倍 --
株価収益率14.02倍13.58倍
株式益回り7.12%7.35%
配当利回り2.05% 2.06%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,620.88 +204.09
日経平均先物(円)
大取,19/09月 ※
21,600 +240

[PR]

国内株概況

東証前引け 反落、中東情勢への懸念でリスク回避強く

2019/6/25 11:50
保存
共有
印刷
その他

25日午前の東京株式市場で日経平均株価は反落した。前日比44円71銭(0.21%)安の2万1241円28銭で前場を終えた。トランプ米政権は24日、イランに対する追加経済制裁を発表し、最高指導者のハメネイ師などを制裁対象に指定した。中東情勢への懸念を背景にリスク回避の円買い・ドル売りが進み、日本株相場の重荷となった。

朝安後、一時は上昇に転じた。一部報道で朝方、「中国商務省が25日、中国の劉鶴副首相が米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表らと24日に電話会談し、貿易問題で意見交換したと発表した」と伝わった。米中貿易交渉が進展するとの期待が膨らみ、上げ幅を広げる場面もあった。ただ、週末に控える20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)の内容を見極めたいとの雰囲気が強く買いの手は続かず、前日終値を挟んだ推移が続いた。

前引け時点の東証1部の売買代金は概算で8038億円、売買高は4億8708万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は857と、全体の約4割を占めた。値上がりは1184、変わらずは103銘柄だった。

JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)は小幅に続伸した。

石油輸出国機構(OPEC)が協調減産で合意する見通しと伝わり、原油需要の減少懸念から国際石開帝石やJXTGなど石油関連株の下げが目立った。開発を進めるがん免疫薬「オプジーボ」の試験が不調だったと発表した小野薬も安い。東エレクソニーファナックが下落した。大和ハウス住友不が売られた。一方、味の素ヤマトHDニトリHDの上昇が目立った。住友鉱JFEコマツが高い。MS&ADT&D東京海上が買われた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。