/

東証前引け 反発 米中懸念やや後退 経済対策も支え

5日午前の東京株式市場で日経平均株価は反発し、前日比159円76銭(0.69%)高の2万3294円99銭で前場を終えた。米中貿易協議の部分合意が近いとの一部報道を受け、短期志向の海外投資家による株価指数先物への買い戻しが入った。政府がきょう閣議決定する経済対策への期待も相場の支えとなり、上げ幅は一時220円を超えた。個人投資家による利益確定目的の売りで前引けにかけ伸び悩んだ。

米ブルームバーグ通信が関係者の話として「米国と中国は貿易協議の『第1段階』で撤回する関税額について合意に近づいている」と報じ、前日の米株式相場が上昇。円相場は1ドル=108円台後半に下落し、海外投資家が買い戻した。

国内では大型の経済対策が閣議決定される見通しで、コンピューターのプログラム取引による買いが相場を押し上げる場面があった。セメント株や鉄鋼株などインフラ整備で恩恵が見込める銘柄を物色する動きもみられた。

前引け時点の東証1部の売買代金は概算で9935億円、売買高は5億6420万株だった。JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)も反発した。東証1部の値上がり銘柄数は1183、値下がりは853、変わらずは119銘柄だった。

日本製鉄太平洋セメ清水建が上昇した。ファストリソフトバンクグループ(SBG)、ファナックなど値がさ株が高い。一方、東電HDNTTドコモが軟調。資生堂花王が下落し、アサヒ味の素が安い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン