10/20 19:00更新 マーケット 記事ランキング

時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,219,124億円
  • 東証2部 68,734億円
  • ジャスダック 99,366億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.22倍 --
株価収益率19.79倍24.87倍
株式益回り5.05%4.02%
配当利回り1.93% 1.71%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,567.04 -104.09
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
23,530 -130

[PR]

国内株概況

東証前引け 反落 利益確定売り 企業決算も警戒

2020/8/5 11:58
保存
共有
印刷
その他

5日午前の東京株式市場で日経平均株価は反落した。前日比142円52銭(0.63%)安の2万2431円14銭で終えた。週明けからの2営業日で800円以上、上昇したため、短期的な過熱を警戒した投資家の利益確定売りが優勢だった。内需関連を中心に国内企業の4~6月期決算は大幅減益が続いているのも、買い手控え要因になった。下げ幅は一時200円を超えた。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けて、「国内企業の決算は予想以上に悪いものが目立つ。日経平均も2万2500円を超えて上値を追うムードは乏しい」(みずほ証券の倉持靖彦マーケットストラテジスト)との声が聞かれた。

外国為替市場で円相場が1ドル=105円台半ばまで円高・ドル安となったことも輸出関連企業を中心に重荷となった。

10時45分に発表された7月の財新中国非製造業購買担当者景気指数(PMI)は前月比で大幅に低下したが、「新型コロナの再感染拡大リスクが意識されるなか、非製造業の多少の減速は予想されていた」(国内証券のストラテジスト)との声があり、市場の反応は限定的だった。

前引け時点の東証1部の売買代金は概算で1兆301億円、売買高は5億7412万株だった。JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)も反落した。東証1部の値下がり銘柄数は1454、値上がりは632、変わらずは83銘柄だった。

ソニーは上昇して始まったが、下げに転じた。ソフトバンクグループ(SBG)は3%強下落し、日経平均を1銘柄で約56円押し下げた。SUBARUJR西日本JALも売られた。半面、丸紅任天堂住友鉱は買われた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム