/

日経平均続伸、午前終値179円高 米中協議に期待続く

4日午前の東京株式市場で日経平均株価は続伸した。前週末比179円43銭(0.83%)高い2万1782円12銭で前場を終えた。米中貿易協議の進展に対する期待感が続き、電気機器や機械株などへの買いが相場を押し上げた。外国為替市場で円相場が一時1ドル=112円台まで下落し、円安・ドル高傾向で推移したことも輸出関連株への買い安心感につながった。

日経平均の上げ幅は一時200円を超えた。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)が3日(日本時間4日朝)に「米中の貿易交渉は最終段階にある」として、米国側が中国に課している追加関税の大半の撤廃を検討していると報じた。月内に開催の可能性が伝わっている米中首脳会談に向け、両国間の合意を楽観視する雰囲気が強まった。

中国景気に対する懸念が後退し、ファナック安川電日立建機といった中国関連銘柄をはじめとした景気敏感株に買いが向かった。中国・上海総合指数が取引時間中として約8カ月半ぶりに心理的な節目の3000を回復するなど堅調に推移したことも、投資家心理を支えた。

もっとも、寄り付き直後にきょうの高値を付けて以降は上値の重い展開となっている。日経平均も心理的節目の2万2000円が接近しており、上値では戻り待ちの売りが出て相場の重荷となった。

JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)も続伸した。前引け時点の東証1部の売買代金は概算で1兆314億円、売買高は5億7117万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は全体の約6割となる1279。値下がり銘柄数は742、変わらずは111銘柄だった。

ソフトバンクグループ(SBG)やTDKダイキンなどが高い。東エレクアドテストといった半導体関連銘柄にも堅調さが目立った。半面、スズキホンダトヨタといった自動車株が安い。セブン&アイ日産化も下落した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン