9/25 0:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 米株安横目、粘る日本株 「3低」バネに伸びしろ期待[有料会員限定]
  2. 2位: 「オフィス解約、ほとんどない」東急不HD・西川弘典社長[有料会員限定]
  3. 3位: 西武、今期の最終赤字630億円 資本増強や資産売却検討
  4. 4位: NYダウ、続落で始まる 米景気懸念やハイテク株売り
  5. 5位: 海運大手の業績上振れ 郵船は経常益3倍 4~9月期、コンテナ…
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,187,183億円
  • 東証2部 67,337億円
  • ジャスダック 96,720億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.22倍 --
株価収益率19.54倍24.75倍
株式益回り5.11%4.04%
配当利回り1.94% 1.72%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,087.82 -258.67
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
22,920 -270

[PR]

国内株概況

東証前引け 小幅続伸、目先の上昇期待やや優勢

2020/8/14 11:51
保存
共有
印刷
その他

14日午前の東京株式市場で日経平均株価は小幅続伸し、前日比25円66銭(0.11%)高の2万3275円27銭で前場を終えた。これまで上値抵抗線となっていた2万3000円を前日に回復して上値を追う展開となったことから、目先の先高観を強めた短期筋がきょうも買いを続けた。ソニーオリンパスエムスリーなど業績の先行き期待から買われる銘柄も目立った。

一方、日経平均が前日までの3日間で900円超上昇したあとの週末とあって、利益確定売りに動く投資家も少なくなかった。日経平均は下げに転じる場面も目立った。トヨタをはじめとする自動車関連や、三井不など不動産関連が軟調だった。短期的な先高観と高値警戒感が入り交じり、日経平均の方向感は出にくかった。

日本時間11時発表の中国の7月小売売上高や工業生産高は市場予想を下回る内容だったが、日本株の反応は限られた。

JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)は小幅続伸。前引け時点の東証1部の売買代金は概算で1兆681億円、売買高は5億3214万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は1021と、全体の約47%だった。値下がりは1032、変わらずは120銘柄だった。

エーザイリクルート第一三共が上昇した。一方、信越化デンソーファナックは下落した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム