/

東証前引け 小反落、景気敏感株などに売り 内需株には資金流入も

23日午前の東京株式市場で日経平均株価は小幅に反落した。前日比52円49銭(0.24%)安い2万2165円41銭で前場を終えた。22日の米主要株価指数が高安まちまちとなるなど売買材料に乏しいなか、10連休が目前に迫り、直近で上昇していた銘柄を中心とした利益確定売りの動きが相場の重荷となった。一方、日米主要企業による決算発表の本格化を前に様子見気分も根強く、売り一巡後は下値を探る動きは限られた。

日経平均は下げ幅を一時100円近くに広げる場面があった。「決算など重要イベントを控えて多くの投資家が動きづらい中、景気敏感株など足元で株価が堅調だった一部の銘柄に持ち高調整の売りが出た」(東海東京調査センターの仙石誠シニアエクイティマーケットアナリスト)ことが相場を押し下げた。半面、4月に入ってから下落基調が続いていた医薬品や電力・ガスなど内需・ディフェンシブ銘柄に資金が流入し、相場を下支えした。

JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)は続伸した。

前引け時点の東証1部の売買代金は概算で9814億円と節目の1兆円を下回り、薄商いが続いた。売買高は5億627万株。東証1部の値下がり銘柄数は956で、値上がり銘柄数は1072、変わらずは112銘柄だった。

ファストリが下落し、1銘柄で日経平均を約71円押し下げた。ファナック安川電オムロンも下げた。東エレク東海カも軟調。半面、テルモリクルートが上昇。第一三共塩野義も上げた。ダイキン大和ハウスも堅調だった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン