/

東証前引け 小幅続伸 ワクチン期待、利益確定売りも

3日午前の東京株式市場で日経平均株価は小幅に続伸し、前日比5円39銭(0.02%)高の2万6806円37銭で終えた。新型コロナウイルスのワクチン普及による経済の正常化期待を背景に、株価の上昇基調は続くとの見方から下値での押し目買い意欲が強かった。ただ、高値警戒感から利益確定の売りも出やすく上値は限られた。前日終値を挟んで一進一退で推移し、明確な方向感は出なかった。

英政府が2日、米製薬大手ファイザーなどが開発する新型コロナウイルスのワクチンの使用を承認した。ワクチン実用化の広がりを見越し、経済の正常化を期待した買いが優勢だった。

もっとも、市場からは「相場にポジティブな話であるのは間違いないが、英国内での承認であって、日本や米国でのインパクトは小さい。これまでのワクチン報道からの延長線上でもあり、株価を一段と押し上げる勢いに欠ける」(立花証券の鎌田重俊企業調査部部長)との指摘があった。日経平均は11月月間の上昇幅が3456円(上昇率は15%)と記録的な上げとなっていた。急速な上昇で高値警戒感が出ており、利益確定の売りも出やすかった。

中国メディアの財新と英調査会社IHSマークイットが午前、中国の11月非製造業購買担当者景気指数(PMI)を発表した。前月比1.0ポイント上昇の57.8と6月以来の高水準だったものの、政府版の11月非製造業PMIと小幅上昇の方向感は同じで、株式相場への影響は限られた。

JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)はいずれも続伸した。

前引け時点の東証1部の売買代金は概算で1兆1947億円、売買高は5億8021万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は1349、値下がりは735、変わらずは90だった。

川崎汽商船三井JR西日本JR東海など海運・陸運株の上げが目立った。デンソー日産自動車ヤマハ発も高い。半面、ダイキンオークマ、アマダなど機械が下落したほか、安川電シャープの電気機器も軟調だった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン