時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,041,427億円
  • 東証2部 65,695億円
  • ジャスダック 96,710億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.18倍 --
株価収益率19.20倍24.43倍
株式益回り5.20%4.09%
配当利回り2.00% 1.77%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,977.13 -354.81
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
22,880 -440

[PR]

国内株概況

東証前引け 続落、2万2000円割れ 弱い決算に嫌気広がる

2020/7/31 12:00
保存
共有
印刷
その他

31日午前の東京株式市場で日経平均株価は続落し、前日比418円25銭(1.87%)安の2万1920円98銭で前場を終えた。取引時間中としては6月29日以来、約1カ月ぶりに2万2000円を下回った。相次ぐ2020年4~6月期決算発表を受け、業績の悪化が確認された銘柄への売りがかさんだ。国内の新型コロナウイルスの新規感染者数が連日過去最高を更新していることを受け、経済活動の再開が遅れるのではとの懸念も広がった。

2021年3月期の連結純利益が33%減るとの見通しを発表したアドテストが大幅に下落し、日経平均を約71円押し下げた。パナソニックも21年3月期の連結純利益が56%減るとしたことで、午前の終値では前日比12%下げた。今期業績が大幅に減益になるとの見通しを示した銘柄が大幅に売られ、相場全体の重荷になっている。

円高進行も、投資家が運用リスクを取りにくくなっている要因だ。31日の東京外国為替市場で1ドル=104円台前半と、4カ月半ぶりの円高・ドル安水準となり、主力輸出銘柄の業績悪化懸念を招いている。中国の7月の製造業購買担当者景気指数(PMI)は51.1と、前月より0.2ポイント上昇したが、市場では予想の範囲内との受け止めが優勢だった。

前引け時点の東証1部の売買代金は概算で1兆2235億円、売買高は7億929万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1948と、全体の約9割を占めた。値上がりは201、変わらずは23銘柄だった。

日清紡HDが安い。コニカミノルキヤノン住友重IHIも下げた。一方、富士電機が上げ、味の素TDKも高い。ZHDが買われた。好決算を発表したアンリツは5%高。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム