時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,883,089億円
  • 東証2部 67,043億円
  • ジャスダック 89,257億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.17倍 --
株価収益率18.54倍20.80倍
株式益回り5.39%4.80%
配当利回り2.11% 1.60%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,145.96 +24.23
日経平均先物(円)
大取,20/09月 ※
22,180 +90

[PR]

国内株概況

東証前引け 反落し41円安 景況感悪化・米中警戒が下押し

2020/7/1 11:52
保存
共有
印刷
その他

1日午前の東京株式市場で日経平均株価は反落し、前日比41円94銭(0.19%)安の2万2246円20銭で前場を終えた。米景気の回復期待の強まりや円相場の下落で上昇して始まったが、国内景況感の悪化で次第に売りが広がった。新型コロナウイルスの感染第2波や「香港国家安全維持法」成立による米中関係悪化への警戒が重荷だった。

日銀が1日発表した6月の全国企業短期経済観測調査(短観)で、大企業製造業の景況感を示す業況判断指数(DI)が11年ぶりの低い水準に落ち込んだ。新型コロナウイルスの感染拡大防止のための経済活動停滞が改めて意識され、買い手控えにつながった。短観で景況感の悪化が目立ったパルプ・紙、不動産業は下げた。

6月の中国製造業購買担当者景気指数(PMI)は2カ月連続で好不況の境目となる50を上回ったが、材料視する向きは限られた。

前引け時点の東証1部の売買代金は概算で8721億円、売買高は5億2140万株だった。JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)も下げた。東証1部の値下がり銘柄数は1372と、全体の約6割を占めた。値上がりは697銘柄、変わらずは92銘柄だった。

トヨタ三菱UFJファストリキヤノンNTTドコモが下落した。一方、ソフトバンクグループ東エレクレーザーテク任天堂ダイキンは上げた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

記事の理解に役立つランキングやデータはこちら

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム