2019年1月18日(金)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,963,547億円
  • 東証2部 73,303億円
  • ジャスダック 87,736億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.16倍 --
株価収益率13.09倍13.30倍
株式益回り7.63%7.51%
配当利回り1.94% 2.02%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 20,666.07 +263.80
日経平均先物(円)
大取,19/03月 ※
20,630 +280

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

鈴木亮の視界亮行[映像あり]

1月18日(金)14:20

年金額0.1%増に抑制 マクロ経済スライド発動[映像あり]

統計不適切調査による予算修正案を閣議決定

1月18日(金)13:00

[PR]

国内株概況

東証前引け 続落、戻りの鈍さを嫌気 ソフトバンク安が重荷

2018/10/10 12:02
保存
共有
印刷
その他

10日午前の東京株式市場で日経平均株価は続落し、前日比61円65銭(0.26%)安の2万3407円74銭で前場を終えた。自律反発狙いの買いで朝方に100円超上昇したが、買い一巡後は相場の戻りが鈍いとみた海外ヘッジファンドなどから売りが出て、下落に転じた。ソフトバンクが大幅続落し、1銘柄で日経平均を40円超押し下げた。

トランプ米大統領が9日、米国が9月に発動した中国への制裁関税に中国が報復した場合、残りすべての輸入品に追加関税を課すと改めて述べた。米中貿易摩擦が強まれば中国景気の減速につながるとの警戒感からファナックコマツなど「中国関連銘柄」の下落が目立った。

朝方に内閣府が発表した8月の機械受注統計は民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の受注額(季節調整済み)が市場予想に反して増加したが、相場の押し上げ効果は一時的だった。

JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)も続落した。前引け時点の東証1部の売買代金は概算で1兆1873億円、売買高は6億4110万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1140、値上がりは866、変わらずは102だった。

ダイキン京セラが下落。資生堂中外薬が安く、信越化旭化成も売られた。一方、ユニファミマKDDIが上げた。アサヒキッコマンが高く、ファストリは年初来高値を更新した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム