/

東証前引け 反落、ワクチン供給懸念を嫌気 米雇用統計控え様子見も

4日午前の東京株式市場で日経平均株価は反落。前日比118円90銭(0.44%)安の2万6690円47銭で終えた。日本時間の早朝、米製薬大手のファイザーなどが開発中の新型コロナウイルスワクチンについて、年内供給量が当初計画から半分に縮小すると伝わった。ワクチン普及による経済正常化期待で買い意欲を高めていた投資家心理を下向かせた。

日本時間4日夜に米国の11月の雇用統計発表を控え、結果を見極めたい投資家の様子見姿勢も強い。日経平均は25日移動平均から6%程度上方乖離(かいり)していて高値警戒感も引き続き高く、週末でポジション調整の売りが出ているようだ。

下げ幅は一時160円を超える場面もあったが、押し目買いも入り底堅く推移した。東海東京調査センターの中村貴司シニアストラテジストは「配当再投資に加え、先物などの特別清算指数(SQ)算出を翌週に控えており、需給面ではまだ買われるとみた投資家の押し目買いが下値を支えている」と指摘していた。

JPX日経インデックス400は続落。東証株価指数(TOPIX)は反落した。

前引け時点の東証1部の売買代金は概算で1兆1460億円、売買高は5億6972万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1413と、全体の約65%を占めた。値上がりは680、変わらずは82銘柄だった。

成長(グロース)株が売られる半面、割安(バリュー)株には物色されやすかった。

東エレクアドテストSUMCOなど半導体関連株が売られた。ソフトバンクグループエムスリーなど値がさ株も安かった。半面、デンソーデンカなど電気自動車(EV)関連株の一角が買われた。アサヒ、キリンHDなど食料品株の一角も高かった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン