10/22 10:00更新 マーケット 記事ランキング

時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,261,622億円
  • 東証2部 68,802億円
  • ジャスダック 99,676億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.23倍 --
株価収益率19.92倍25.02倍
株式益回り5.01%3.99%
配当利回り1.92% 1.70%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,503.45 -136.01
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
23,490 -160

[PR]

国内株概況

東証10時 軟調 米テレビ討論会前に様子見 半導体関連には買いも

2020/9/29 10:17
保存
共有
印刷
その他

29日前場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は軟調。前日比120円ほど安い2万3300円台後半で推移している。きょうは9月末の配当権利落ち日にあたる。QUICKによれば日経平均の配当落ち影響度は約142円で、配当落ちを考慮したベースでも小幅に下げる場面もあった。

前日の欧米株高は引き続き支えになっている。半導体関連の一角には買いが入っている。一方、11月の米大統領選に向けて米国時間29日に開かれる初のテレビ討論会を前にした様子見ムードが積極的な買いを見送る一因になっているようだ。業種別では医薬品株の下落も目立つ。

10時現在の東証1部の売買代金は概算で6656億円、売買高は3億4182万株だった。

KDDI中外薬アステラス、武田、キッコマンが安い。一方、ファナック東エレクバンナムHDが高い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム