時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,573,787億円
  • 東証2部 57,840億円
  • ジャスダック 76,537億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.05倍 --
株価収益率13.25倍14.32倍
株式益回り7.54%6.98%
配当利回り2.26% 2.26%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 19,389.43 +724.83
日経平均先物(円)
大取,20/06月 ※
19,080 +720

[PR]

国内株概況

東証10時 上値重い、新型肺炎の警戒で買い手控え

2020/2/19 10:12
保存
共有
印刷
その他

19日前場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は上値が重い。前日比90円ほど高い2万3200円後半で推移している。市場では「アジア地域全般に新型肺炎による企業業績への悪影響が警戒されており、買い手控えの雰囲気が続いている」(国内証券の投資情報担当者)との声が出ていた。アジア株の動向を見極めたいとして様子見姿勢もあるようだ。

10時現在の東証1部の売買代金は概算で6026億円、売買高は3億5075万株だった。

第一三共中外薬が上昇。アドテスト信越化オリンパスが堅調に推移し、ソニーダイキンが高い。一方、安川電オムロンが下落。日東電住友電が軟調だ。KDDI電通グループが安い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム