10/23 7:00更新 マーケット 記事ランキング

時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,202,877億円
  • 東証2部 71,288億円
  • ジャスダック 93,288億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.20倍 --
株価収益率14.42倍14.31倍
株式益回り6.93%6.98%
配当利回り1.99% 2.00%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,548.90 +56.22
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
22,570 +110

[PR]

国内株概況

東証10時 上値重い 円高一服が支え、商いは低調

2019/9/9 10:19
保存
共有
印刷
その他

9日前場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は上値が重く、前週末比110円ほど高い2万1300円台前半で推移している。外国為替市場での円高・ドル安進行の一服感が日本株の支えとなっている。週内に欧州中央銀行(ECB)の理事会を控え、金融緩和に積極的な姿勢を示すとの期待が株高を誘っている面もあるようだ。ただ上値では戻り待ちの売りも出ている。

10時現在の東証1部の売買代金は概算で4232億円と前週末(6406億円)と比べて低調。売買高は2億4747万株だった。

ファミマキッコマンが高い。リクルートNTTデータが上げている。一方、日東電アルプスアルが下げている。ディーエヌエサイバーが安い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム