2019年5月20日(月)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,937,492億円
  • 東証2部 73,066億円
  • ジャスダック 87,217億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.15倍 --
株価収益率13.91倍13.47倍
株式益回り7.18%7.42%
配当利回り2.06% 2.08%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,324.92 +74.83
日経平均先物(円)
大取,19/06月 ※
21,330 +60

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

トップに聞く[映像あり]

ユーグレナ 社長 出雲 充

5月20日(月)09:50

車検が自動運転対応に 改正法が成立[映像あり]

ホンダ 英工場の2021年閉鎖を発表

5月17日(金)13:00

[PR]

国内株概況

東証10時 軟調 ソフトバンクGは下げ幅拡大

2019/4/18 10:22
保存
共有
印刷
その他

18日前場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は、前日比60円ほど安い2万2200円台前半で軟調に推移している。相場が約4カ月ぶりの高値圏とあって、海外投資家を中心に利益確定を目的とした売りが断続的に出て相場を下押ししている。だが、市場では「18日は日本独自の取引材料がなく、海外の相場動向に目が向かいやすい」(野村証券の若生寿一エクイティ・マーケット・ストラテジスト)との声も多く、中国・上海株式相場の動向を見極めたいとして積極的に相場の下値を探る動きは限られている。

10時現在の東証1部の売買代金は概算で6582億円、売買高は3億8487万株だった。

ソフトバンクグループ(SBG)が下げ幅を広げている。テルモ第一三共も安い。一方、トヨタホンダスズキといった自動車株が上昇。ファストリ東エレクも高い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム