/

東証10時 一進一退、金融株は上げ幅拡大もハイテク株安い

28日前場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は前日終値を挟んだ一進一退の展開で、2万3200円半ばで推移している。米連邦準備理事会(FRB)の新しい政策指針が支えになる半面、夕方に予定する安倍晋三首相の記者会見を警戒する売りが出ている。長期金利の上昇を受けたハイテク株への売りも重荷だ。

安倍首相の早期退陣を巡る思惑は一時期に比べて後退しているものの「国内政治の流動化リスクに投資家の関心が向かいやすくなっている」(国内運用会社)との声も聞かれる。

10時現在の東証1部の売買代金は概算で6644億円、売買高は4億2598万株だった。

長期金利の上昇を受けSOMPO東京海上みずほFGなどが上げ幅を拡大している。三井不住友不日産自マツダも買われている。逆にソフトバンクグループ(SBG)やソニーは売られている。ZHDエムスリーサイバーなども安い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン