/

東証10時 反発、円高一服で輸出関連株に買い戻し

7日前場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は前日比70円ほど高い2万0840円近辺で推移している。一時は上げ幅が100円を超えた。外国為替市場で円高・ドル安進行が一服するなか「貿易摩擦や円高懸念で売られてきた電機株や機械株などを買い戻す動きが優勢になっている」(国内証券の情報担当者)という。

半面、前日上昇が目立ったファストリソフトバンクグループなどの値がさ株の一角が下落している。岡三証券の小川佳紀日本株式戦略グループ長は「指数が上昇するなかでも日経平均先物に積極的な買いが入っていない証左で、相場の先行きに慎重な投資家が多いことを示している」と話していた。

10時現在の東証1部の売買代金は概算で5080億円、売買高は3億3726万株だった。

東エレク日東電ファナックが上昇している。武田や国際石開帝石ダイキンも買われている。一方、JR西日本アステラス関西電が下落。コンコルディやアイシン、ローソンも下げている。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン