/

東証10時 大幅高、一時700円超す上昇

7日午前中ごろの東京株式市場で日経平均株価は大幅高となっており、一時は前日比743円高の2万2353円に上昇した。6日の米国株高をきっかけに投資家心理が改善し、日経平均が前日に急落した反動もあって買いが集まっている。

市場には「きょうの高値での動きが続いており、相場の強さを意識して損失覚悟の買い戻しが増えた」(国内証券の情報担当者)との見方があった。JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)が上げ幅を拡大した。10時現在の東証1部の売買代金は概算で1兆2767億円、売買高は6億8059万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は2007とほぼ全面高で、値下がりは50、変わらずは8銘柄にとどまる。

業種別では石油石炭製品や医薬品、機械の上昇が目立つ。業績予想を上方修正したトヨタが高い。武田や第一三共が買われている。一方、JTは昨年来安値を更新した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません