/

東証10時 下げ幅やや縮小 ファーウェイ関連に買い

26日前場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は下げ幅をやや縮小している。前日比80円ほど安い2万1100円近辺で推移している。半導体大手のマイクロン・テクノロジーが25日、中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)への出荷を法的に問題のない製品に限り、再開したと発表した。ファーウェイへの出荷規制への懸念がやや後退し、東エレクアドテスト太陽誘電が上げ幅を広げ、指数を下支えしている。米中貿易摩擦が和らぐとの思惑から、中国の売上比率が高いファナック安川電も堅調に推移している。

10時現在の東証1部の売買代金は概算は5020億円、売買高は2億8289万株だった。

指数寄与度の高いファストリが安いほか、KDDINTTドコモも売られている。東ガス関西電は年初来安値を更新した。半面、高島屋が買われているほか、LIXILグは大幅に上昇している。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン