時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,573,787億円
  • 東証2部 57,840億円
  • ジャスダック 76,537億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.05倍 --
株価収益率13.25倍14.32倍
株式益回り7.54%6.98%
配当利回り2.26% 2.26%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 19,389.43 +724.83
日経平均先物(円)
大取,20/06月 ※
19,080 +720

[PR]

国内株概況

東証10時 下げ拡大1100円安 1部銘柄の99%下落

2018/2/6 10:10
保存
共有
印刷
その他

6日前場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は下げ幅を広げている。一時、前日比1124円安い2万1557円まで下げる場面があった。米国株が大幅安となり嫌気した売りが広がった。東証1部の値下がり銘柄数は2050と全体の99%を超え、ほぼ全面安となった。

1000円超下げた日経平均株価と2万4345ドルで終えたダウ工業株30種平均(6日午前、東京都中央区)

1000円超下げた日経平均株価と2万4345ドルで終えたダウ工業株30種平均(6日午前、東京都中央区)

オプション価格を元に算出し相場の予想変動率を示す日経平均ボラティリティー・インデックス(VI)が急上昇したことも警戒感を高めた。日経平均VIは一時、2016年6月以来となる35.05まで上昇する場面があった。運用リスクを回避する目的の手じまい売りや、追加証拠金(追い証)発生を警戒した売りが出ている。

10時現在の東証1部の売買代金は概算で1兆5282億円、売買高は9億1222万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は11、変わらずは4だった。JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)はそれぞれ下げ幅を広げている。

業種別TOPIXでは全33業種で下落している。米原油先物相場が続落したことを受け、「石油石炭製品」が売られている。「ガラス土石製品」や「金属製品」の下げも目立つ。JXTG、旭硝子第一生命HDが安い。塩野義資生堂が売られている。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム