時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,118,534億円
  • 東証2部 65,818億円
  • ジャスダック 92,532億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.21倍 --
株価収益率19.21倍24.28倍
株式益回り5.20%4.11%
配当利回り2.02% 1.33%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,695.74 +81.98
日経平均先物(円)
大取,20/06月 ※
22,760 +30

[PR]

国内株概況

東証10時 伸び悩み 短期筋が売り ソニー下げに転じる

2020/2/5 10:18
保存
共有
印刷
その他

5日の前場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は伸び悩み、前日比200円ほど高い2万3280円近辺で推移している。前日の米株高を手掛かりに買いが先行した。しかし、5日の中国・上海総合指数の動向などを見極めたいとの空気も根強く、買い一巡後は短期筋による株価指数先物への利益確定売りが優勢になっている。決算が底堅いと受け止められたソニーは買いが先行したが、その後下げに転じた。

市場では「長期視点で取引する海外投資家からは決算が良好と評価された銘柄を中心に買いが入っているが、上値では短期筋を中心に売り圧力が強い」(外国証券の株式トレーダー)との声が聞かれた。

10時現在の東証1部の売買代金は概算で7192億円、売買高は4億578万株だった。

キーエンスマツダ信越化が上昇している。第一生命HDロームファミマが上げている。一方、花王ユニチャーム第一三共が下落。HOYAオリックス村田製が下げている。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム